在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 地域別の在宅医療の医師求人 >> 北海道

北海道の在宅医療の医師求人

北海道は在宅死率において日本で最も率の低い地域です。つまり在宅医療や在宅看護に関しては後進地域だという事です。一般的なケースとして、病院から退院した後は居宅へは戻らずに、結局は慢性期の療養病床や介護施設などへ移っていくのが多いのです。ここでは高齢者の患者さんが一度入院すると、本人の意思とは反対に帰宅できない傾向があるという事です。では、なぜ北海道では帰宅復帰が難しいのでしょうか?その理由の一つに在宅医療・看護の手薄さがあると言えます。北海道では独居者の増加・高齢夫婦だけの世帯の増加が目立ち、介護者のいない家庭環境が専らです。これは都市部以外に顕著な状況で、地方自治体もこの点は憂慮をしているのです。

平成20年以降に度々発表されてきた「北海道医療計画」をチェックしてみますと、全国と比較して自宅で亡くなられる割合とか在宅サービスの普及率が極めて低い事を問題視しています。北海道総合保健医療協議会地域医療専門委員では、在宅医療の推進のプランがいろいろと提示されていて、現在はその実行期間中という事になります。そして平成25年度に策定した北海道医療計画[改訂版]は、さらに在宅医療の推進に力を入れて、過疎化が進む地域の活性化に取り組んでいるのです。この在宅治療を担当する医師のニーズはたいへんに高いと言えるでしょう。その点は求人の内容をチェックすると良く分かります。札幌の都市部よりは地方の市町村で好条件・高待遇の求人が目立つでしょう。

道東を始めとする過疎地域の行政と住民には、その点で自己貢献をもって医師の招致に努める意志がはっきりと表れています。住居や子育て環境にその他公共サービスから生活上のサポートを提供して、専従の医師を迎え入れる努力を示しているのです。確かに極寒の地へ移転して、不慣れな生活を受け入れながら治療活動に打ち込むのはたいへんな事でしょう。ですが、それだけにやり甲斐も生き甲斐も見つけられる可能性が高いのです。

既にそういった地域に乗り込んで、献身的な医療活動を行っている個人病院・クリニックも少なくありません。また公の医療機関や国立病院機構が設置する医療の現場でも、在宅制度を発展させるべく手段を講じています。この様にして新たな医師の参加を待っているのです。収入面や生活面でのプレミアム優遇で迎え入れてくれるのは有難い事でしょう。もし北海道での在宅医療活動に興味のある方は、今出されている求人をチェックして、真剣に検討する様におすすめします。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.