在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 地域別の在宅医療の医師求人 >> 沖縄

沖縄の在宅医療の医師求人

沖縄県では、県内に900近くある診療所のうちで在宅医療サービスを行っているところが150ヶ所強と、全国最下位の割合になっています。そのために、団塊の世代が全員75歳以上になる2025年に向けて、沖縄では急ピッチの在宅医療システム化に取り組まなければなりません。それには圧倒的に在宅医師が不足しています。これは現在沖縄で行われている在宅医療サービスの実態を見ると良く分かります。診療所の1カ月当たりの実施件数は51・4件/月となっていて、全国でも9番目に多い件数です。つまり一人の医師に掛かる負担が明らかに重い事を意味しています。

また2015年現在の統計で、高齢者の9割以上の方が無駄な延命治療を避けたいというアンケート結果が出ています。これは沖縄県でも同様で、できれば自宅で最期まで暮らしたいと望んでいるのです。しかし沖縄では9割が病院などの施設で亡くなられていて、実際に自宅で最期を迎えるケースは1割前後という事です。超高齢社会では、今後もこの傾向が継続する可能性があります。それを事前に防ぐためには、在宅医療に携わる医師・看護師・介護士などのスタッフがポイントとなってきます。その事は沖縄行政も十分に理解していて、県独自の研修プログラムで全国から研修医を募っていますし、また高待遇の求人を公開して、即戦力になる転職者を集めるべく努力がなされています。

沖縄県はいくつかの島からなる立地のために、訪問診療の面では手間暇の掛かる環境です。沖縄本島はまだ訪問しやすい条件にありますが、その他の離島となると明らかな人材不足が否めません。これは他の都道府県とは異なる問題で、実際にその様な離島へ赴く医師は少ないのです。ですが、そういった僻地からの求人は極めて高待遇である事が多く、人生を掛けた転職を望む方々には狙い目の職場でもあります。世界の長寿国としても知られる沖縄県民は比較的に健康体の高齢者が多いために、訪問診療も穏やかで余裕を持った形になる傾向もあります。つまりは健康な体をもって、しずかに在宅で看取りを行う事が可能な地域なのです。

現在沖縄の有人離島40か所の内で、19の島に県立の診療所が設置されています。ですが、離島の診療所では毎年のように新しい医師と入れ替わり、なかなか定着する事が難しい様です。確かに何年も暮らすとなると、いろいろと生活上の問題も出てくるのかもしれません。ですが、そういった環境で地域貢献を望む医師の方も決して少なくはないでしょう。この地域では在宅医師への感謝が高く、厚いもてなしをしてくれるという話もありますので、興味の方は一度現地を訪れてみると良いかもしれません。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.