在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 地域別の在宅医療の医師求人 >> 東京

東京の在宅医療の医師求人

東京都では、在宅医療重視の必要性が2012年度の診療報酬改定で確認されています。これは近年急速に進む少子高齢化社会の現状が原因となっているのです。高齢者の単独家庭・あるいは高齢者夫婦のみの家庭では、家族の介護支援が難しいために、結局は入院による医療ケアを受けざる負えなくなっているという問題があります。これは行政を圧迫する極めて重要な事案なのです。このために都制では、在宅医療の質・ボリュウムを高め、全体の在宅医師数や24時間体制を強化のための具体案が講じられています。

2008年度の厚生労働省の調査では、在宅医療を受けた推計患者数が7万人以上で、2年前のデータより約18%も増加していました。また在宅療養を必要とする人は2011年度では17万人、今後2025年度までには30万人前後になると予想されています。その為に、在宅医療の中心となる地域の診療所を強化し、24時間体制が取れる在宅療養支援診療所を制度化する目標が置かれています。もちろん、体制を強化した在宅療養支援診療所は診療報酬をアップさせるといった優遇措置も講じられています。

そこで真っ先に直面する問題に担当医・担当看護師・担当介護士の不足があります。施設から在宅への取り組みを実践するスタッフの確保は近々の課題で、求人市場もその手の案件がとても増えているのです。しかも雇用条件は高待遇で、収入面では正規医師で年収1500万円以上、スキルやキャリアが高い転職者は年収2000万円以上を望む事も十分に可能です。また勤務形態も幅広く選ぶ事ができます。週5日・4日で残業なしとか、ピンポイントのパートシフトに副業としての夜間勤務などなど、個々のライフスタイルを優先する働き方ができる点は大きなメリットでしょう。

今後、東京都では急増する見込みの在宅医療対象者に、医療・介護の連携をもって積極的に取り組む姿勢が見られます。患者や家族、そして医師・看護師・ケアマネジャーなどが二人三脚で、在宅医療支援のカンファレンスをもって実行する計画になっています。つまり現実的に必要とされる医療活動を行う事の出来る職場になるのです。現在の職場に満足できずにいる医師の方は、新しい活動の場として在宅医療の現場へ踏み出してみるのは如何でしょうか?やり甲斐も収入面の満足度も得られる、そんな条件の求人は多々見つかる事でしょう。是非一度チェックを入れてみる様におススメします。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.