在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師の適性は?

在宅医療の医師の適性は?

在宅医療の医師に求められるのは、まず幅広い症状に対応できる医療技術です。たとえば大学病院などでは、高度先端医療を行うこともあって、特定の疾患に対する専門性の高い知識や技術が求められます。つまり、スペシャリストが必要だということです。しかし、在宅医療の医師が受け持つのは同じ疾患の患者さんばかりではありませんから、診療科を超えてどんな疾患や病状にも対応できるジェネラリストとしてのスキルが必要になってくるのです。実際に、在宅医療の現場では、医師の往診の原因となっている疾患だけでなく、「ちょっと頭が痛いんだけど」とか「昨日から足が痛いんだけど」などといった全く関係のない症状についての質問を受けることが少なくありません。そんなときに、「専門外だから」と言っていたのでは在宅医療医師は勤まりませんから、どんな症状にも適切な対応ができることが大切です。緩和ケアや認知症が多い在宅医療ですから、その方面の経験があればプラスにはなりますが、それ以外の疾患が診られないというのでは困るのです。

また、在宅医療を行う医師には、コミュニケーション能力も必要です。在宅医療では、医師や看護師が定期的に訪問して病状のチェックやケアを行いますが、日々の看護を行うのは家族です。日々の過ごし方や、ケアの方法などは、家族と話し合う必要がありますし、患者さんの状態によっては家族の看護疲れにも気を付けなければなりません。看護師が交代で看護を行う病院と違い、在宅医療では家族が看護を行うため、病状によっては家族が疲労で倒れてしまうこともあります。そうならないためにも、在宅医療を行う場合は患者さんのケアと並行して、家族の人ともコミュニケーションを取り、そのサポートをしていくことが必要なのです。その看護の大変さがわかる医師や看護師が話を聞いてくれるだけで、家族のストレス解消になることもありますから、まずは親身になって話を聞くことができるかどうかが問われるところです。

そのため、在宅医療医師は、家族と共感しながら話がしやすい女性医師も多く活躍しています。ただし、家庭のある医師の場合は休日のオンコール対応が難しい場合もあり、その点は今後も在宅医療医師の増加にはネックになってくるでしょう。結婚や出産で退職した女性医師の復職の場として、在宅医療は非常の適しているのですが、育児をしながらの勤務ということになると、どうしてもオンコールが難しいということになります。その点がクリアできれば、より多くの女性医師が活躍できるのではないでしょうか。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.