在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師になるデメリットは?

在宅医療の医師になるデメリットは?

在宅医療の医師になるデメリットは、まず仕事が忙しいということです。医師が不足しているという現状は、在宅医療でも変わりなくて、訪問する患者さんの数は可能な限り多くなります。そうなると、どうしても多くの家に訪問することになり、忙しくなってしまうのです。

また、在宅医療の医師として、専門領域以外の治療や診察をしなければならないのも、医師によってはストレスになっています。専門領域のみであっても、医療技術の進歩に応じて勉強が必要とされる医師ですが、それがあらゆる領域の知識を必要とするといわれても、なかなか簡単には納得できないかもしれません。在宅ということで、他の医師に相談できる状態ではなく、しかも検査機器なども側にない状態での診察になるわけですから、医師としては病院で診察するよりも難しい状態になるのです。そのため、在宅医療の医師として働くためには、かなり臨床経験が必要になるのです。

しかも、在宅医療としてその場で行える治療や処置には限界があります。通院が難しい状態の患者さんが在宅医療を利用するのですから、体を動かせないような難病の場合など、なかなか病院で勤務していても遭遇しないような病気の患者さんを担当することもありますが、だからと言って在宅で高度な治療ができるわけでは有りません。容体に応じて、本当に高度な治療を行うとなると、やはり病院へ搬送することになり、そうなると在宅医療の医師の担当からは外れてしまうのが一般的です。もちろん患者さんとしては、高度医療を行う医師も、自宅に来てくれて処置をしてくれる医師も感謝の対象としては変わりないのですが、医師としては高度医療を行いたいという意欲を持つのは自然なことですし、それができない現状に不満を感じるのも十分にあり得るでしょう。

在宅医療の医師で働くとなると、24時間オンコール体制になるというのも、医師が負担に感じることが多いポイントです。医師はどこで働いても激務ですし、休日出勤や残業も多いのですが、オンコールでの呼び出しが多いのも大変でしょう。在宅医療は通院できないような重い病気の患者さんも多いですから、深刻な状態になっていることも少なくありません。その状態でのオンコールが頻繁に起ると、やはり経験豊富な医師でも難しい事態になる可能性もあるのです。休日や夜中の呼び出しに対応するのが負担になるというのであれば、オンコールのない事業所などを選ぶようにしましょう。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.