在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師になるメリットは?

在宅医療の医師になるメリットは?

在宅医療の医師になるメリットは、患者さんひとりひとりとじっくり向き合えるということでしょう。医師不足が深刻な今、病院勤務で医師として働いていると、どうしても時間に追われて1人の患者さんの話を聞く機会は少なくなってしまいます。その点、在宅医療の医師であれば、患者さんの自宅を訪問して治療をすることになりますので、一人一人にかかる時間は自然と多くなり、話を聞くことも出来るようになります。もちろん病気とは関係のない話が続いて時間が気になることもありますが、そうしてコミュニケーションを取るのも大切ですから、病院でのあわただしい診察に満足できなかった医師には良いのではないでしょうか。

また、在宅医療の場合は、必ずしも自分の専門とする診療科の患者を診るわけでありません。しかも、看護師などを伴うことはありますが、その場で診察や治療を行う医師は自分1人ですから、自分で判断をしなければならないため、診療科を超えた幅広い知識が必要になります。それは、大変ではありますが、非常にやりがいを感じる仕事ですので、そのことにメリットを感じて在宅医療の医師になる場合もあるでしょう。医師にとって勉強を続けることはどの部門でも求められるものですが、1人で診療を行う在宅医療の場合は、特にしっかり知識を身につける必要があるのです。

しかも、在宅医療は今後さらにニーズが高まると言われている分野です。高齢化が進み、医療費が高等化する中で、長期入院している患者さんたちが自宅での療養に切り替えることができれば、入院費なども必要なくなるうえに、ベッドが空くのでより多くの患者さんを受け入れることができます。そのため、現在は在宅医療を増やしていく方針であり、在宅医療を行う医師を増やしていきたいという時期にあるのです。

さらに、給料の面でも在宅医療を行う医師は、医師の給与平均よりも高い金額を得ている場合が多いです。もちろん平均値なので個人差はありますが、だいたい年収1500万円〜2000万円と、医師の中でも高給与に設定されています。これは、訪問という通常なら必要のない手間がかかっていることや、24時間オンコール体制となることが理由のひとつです。そのため、オンコールがない職場になると、これよりもやや金額は下がる傾向にあります。とはいえ、それでも1000万円以上の給料であるところが大半ですから、給料の面で考えても在宅医療の医師として働くのは、メリットが多いと言えるのではないでしょうか。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.