在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師は不足している?

在宅医療の医師は不足している?

在宅医療は、病院のベッドを開けることで新規患者の受け入れが増える上に、患者さんにとっても住み慣れた家で療養ができるなど、メリットの多い方法です。政府としても、この方式をより広めたいということで支援も行われています。しかし、実際に在宅医療を行う在宅医療支援診療所の数がそれほど増えていかないのは、在宅医療を行う医師が不足しているためです。

在宅医療を行う場合、在宅医療支援診療所に属する医師は担当の患者を一定数受け持つわけですが、点在するこれらの患者さんの家を回るのは大変です。しかも、在宅医療は24時間オンコール体制を取ることが基本とされており、それも医師たちの負担となっているのです。医師の負担が大きいことから、高待遇での採用となり、オンコール対応も考えると余裕を持った人員配置を求められるため、診療所の経費が高騰して採算が取れず、撤退するケースも増えています。

そもそも、在宅医療に関わらず医師は全国的に不足しているため、医師求人は溢れかえっている現状です。給料は医師の平均より高いと言っても、なかなか応募が集まらないのも仕方がないかもしれません。在宅医療を行う場合、診療科に関わらず診察や治療をすることが求められるため、医師として広範囲の知識や経験が求められるにも関わらず、スキルアップできる機会はやはり病院勤務に比べると限られてしまいます。そのことも、在宅医療を希望する医師が増えない要因となっている可能性はあるでしょう。もちろん在宅医療医師向けの勉強会などもおこなわれてはいますが、多忙な業務の合間に参加するのは難しいというのも事実です。

行政としても、こうした在宅医療を推進するために、さまざまな施策を行っており、現在のところなかなか成果には結びついていないものの、今後も在宅医療のニーズが高いことには変わりありません。医師不足解消のために、これからも取り組みは続けられるでしょうから、在宅医療を行う医師が働きやすいように環境が改善していく可能性はあります。医師としても、在宅医療を選択肢に入れた転職活動を増える場合が多くなるかもしれません。医師が増えることが環境改善には大切であり、環境が改善されることで在宅医療を希望する医師もさらに増えますから、医師不足の解消は大切です。比較的移動に時間がかからない都市部はともかく、移動の大変な地方はさらに在宅医療医師が不足しています。患者さんにとっても、地方のほうが通院が大変な分、在宅医療のニーズも高いですから今後は力を入れていくべきでしょう。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.