在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師の研修は?

在宅医療の医師の研修は?

在宅医療の医師となるためには、医師免許があれば問題ありません。もちろん臨床経験がないと適切な処置などは難しいでしょうが、資格という点では別途取得する必要はないのです。とはいえ、病院勤務から在宅医療医師に転職するとなると、やはり戸惑う点はたくさんあるでしょう。設備の整った病院で行う治療とは違い、自宅では医療機器がほとんどない中での治療となるのです。そのため、医師としても事前に在宅医療についての勉強をしておきたいと思うのは当然でしょう。

そのため、まずは行政が主体となって、在宅医療についての研修会などを各地で定期的に行っています。在宅医療のシステムや、実際に多いガン緩和ケアや認知症についての勉強会、さらには実際の在宅医療の現場に同行しての研修など、在宅医療医師になるにあたって知っておきたい内容についての研修が行われているのです。

また、実際に在宅医療を行っている事業所が主体となって、各地の病院などで講演会やセミナーを開き、在宅医療についての理解を深めるという取り組みも行っています。実際に在宅医療を行っている事業所や医師の話を聞くことで、在宅医療に関心を高めるケースもあるでしょう。

このように、在宅医療を知ってもらったり、一般の医師への在宅医療の説明を行ったりするセミナーなどは頻繁に行われているのですが、やはり医師にとって気になるのは在宅医療医師となった後に、ステップアップできる環境が保たれているのかということでしょう。その点では、在宅医療を行う医師向けの勉強会などを通して在宅ケアについての事例を勉強したり、適切な処置を検討し合ったりということが行われています。もちろん、24時間オンコールの環境下にある在宅医療医師ですから、確実に勉強会に参加できるわけでありませんし、都合がつかないこともあるでしょう。しかし、スキルアップのチャンスがないわけではないというだけでも転職する際の安心材料にはなるでしょう。

在宅医療は患者さんの自宅を訪問し、状況に合わせて自分で判断しながら治療を行うため、事例の共有などが非常に重要になっていきます。適切なケアを行うためにも、在宅医療医師間での情報共有を積極的に行い、いつでも対応できるようにしておくことが重要なのです。今後、在宅医療がさらに普及して医師の数が多くなるにつれ、情報共有する事例も多彩になるため、スキルアップしやすい環境になるのではないでしょうか。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.