在宅医療医師求人ランキング

在宅医療医師求人TOP >> 在宅医療医求人のFAQ >> 在宅医療の医師の研修内容は?

在宅医療の医師の研修内容は?

在宅医療の医師の研修内容は医療機関によって異なっています。実際に行われるものの例を紹介すると、訪問診療の同行、在宅医療に関するさまざまな講義、訪問看護、訪問介護などの見学・同行などがあります。講義の内容としては在宅緩和ケア、神経難病、プライマリ・ケアの時に求められる整形外科の基礎的な知識、在宅医療に必要とされる泌尿器科の基礎的な知識などがあります。やや事務的な内容として、在宅医療についての医療保険や介護保険のシステムについて講義を受けることもあります。この仕事を専門にする医師を増やす試みは各地で行われており、今後も増えていくことが予想されます。

在宅医療の医師の研修を受けるときに必要になるものがあります。例を挙げると、医師免許証のコピー、履歴書、筆記用具、白衣、聴診器といったものです。研修費や宿泊費、交通費が必要になることもあります。費用は医療機関によって違います。東京のNPOが行うものの場合は研修費として3万円が必要です。これを専門にした社団法人の学会もあります。この学会も研修を行っています。こちらは期間が1年で本格的なものです。この学会に属している日本各地の病院で実施されています。受けられる医師の人数が決まっている地域があるので、希望される先生は早めに申し込まれた方が良いでしょう。

このタイプの研修は在宅医療を積極的に行っている病院に直接申し込んでも受けられる場合があります。インターネットを使えば募集している病院のことは分かります。それらの病院は上記の社団法人とつながりを持っていることが多いです。老人ホームなどの施設を訪問する場合は、居宅と異なったものが行われる可能性もあります。そういった医療機関の場合、研修は入職後に行われることが多いです。このタイプの医療も基本は普通の医療と同じです。ただし先生の専門以外の病気を診る必要も出てくるので、それに対応する能力を前もって身につける必要が出てきます。

研修は働き始める医療機関で受けられるのが理想と言えるかもしれません。そうした方がより実践的な勉強ができて、実際の仕事に役立つでしょう。まず在宅医療を行っている病院を探すことが必要になります。病院の求人情報を良く集めているのは医師の転職を専門とする転職エージェントです。リクルートドクターズキャリアのような転職エージェントの公式サイトを見てみると、このタイプの仕事の求人が多く掲載されています。

在宅医療の医師求人ならココ!人気の転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 在宅医療の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国対応 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★★
医師転職ドットコム 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリア 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
MCドクターズネット 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★
医師求人のJMC 無料 全国対応 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 在宅医療の求人数
  • ★★★★

Copyright (C) 2013-2018 在宅医療医師求人ランキング All Rights Reserved.